迷惑メール、そろそろ対策しませんか?

迷惑メール
そろそろ対策しませんか?

私たちはスパム対策の専門家です

迷惑メール・営業メール・スパムに悩むあなたへ。

Webフォームからの迷惑メールは撃退できます。

まずは無料相談窓口よりお問合せください。

当社の経験豊富なエンジニアが、お困りの状況に合わせたカスタマイズ対策をご提案します。

明朗な料金設定と返金保証制度

例えばWordpressサイトの場合、対策に必要な費用は ¥66,000(税込) のみで追加費用は発生しません。

詳細はこちらを参照ください。

効果を感じられない場合は、60日間以内にお申し出頂ければ全額返金いたします。

自分でできる対策から試したい

当サイトで掲載中の対策を施せば多くのケースで確実に迷惑メールやスパムを軽減できます。

HTMLやJavaScriptの初級レベルの知識で対応可能な対策もありますのでぜひお試しください。

60日間返金保証。効果がなければ全額返金

フォームスパムのリスクについて

問い合わせフォームからのスパムや迷惑メールは、単なる迷惑要素を超えてビジネス上のリスクをはらんでいます。

これらのメールが持つセキュリティの脅威、特にウィルスやランサムウェアによる攻撃は、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。

ここでは、問い合わせフォームスパムに起因するリスクとその影響について詳しく解説します。

業務効率の低下

攻撃手法

ボットによる大量のスパム送信

スパマーは自動化されたスクリプトや特定のツールを利用して、短時間に数千、数万のスパムメールを送信します。

これらのメールは特定のキーワードやフレーズを含むことが多く、時には不適切または意味のない内容である場合もあります。

影響と被害

システムへの負荷増大

大量のスパムメールが一気に送信されると、問い合わせフォームやサポートチケットシステムがその量を処理できずにオーバーフローするリスクがあります。

その結果、顧客からの重要な問い合わせや要望が見逃される、あるいは対応が遅れる可能性が生じます。

業務効率の低下

スタッフが迷惑メールやスパムの識別、フィルタリング、削除に多くの時間を費やすことになり、これにより実際の業務や顧客対応に必要な時間が減少してしまいます。

また、繁忙期やピーク時におけるスパムの増加は、業務遅延の原因となり顧客満足度の低下を引き起こす可能性があります。